次回開催プログラム 
参加申込みの受付は終了しました。


 第20回 『よくわかる実装技術講座』 参加者募集について

  ~めっき技術の基本とAIによるめっき浴管理技術~

 コロナ禍も丸二年が過ぎ、世界的なオミクロン株を中心とする第六波が始まっています。
この間、半導体の不足により自動車産業などにサプライチェーンの寸断が起こっていますが、あらためて半導体が我々の生活に必須のデバイスであることがわかります。
 現在、講演会、展示会などの新技術に触れる機会は著しく減少し、営業や技術者などの出張の機会も制限され、情報交換の機会も少なくなっています。したがって、新技術、新製品開発よりも品薄感による生産活動に専念する姿勢が強くなっていますが、パンデミック後は、その前に戻ることはないというのが過去のペストやスペイン風邪の歴史が教えるところでです。
 今は新しいステージに向かっての体制つくりの時期と考えるべきで、次は必ずゲームチェンジが起こるものと予想されます。このような時は、先を考えるのと同時にレガシー技術を改めて見直し、将来につなげることも重要です。
 そこで今回は、あらためて「エレクトロニクス実装におけるめっき技術」を取り上げて基礎から先端技術への応用について解説します。また、ハルセルパターンのAI(artificial intelligence)学習技術を用いた新しい管理技術についても紹介します。これは、結果から原因系を探る逆問題の解析技術というべきもので、めっき工場における新しい管理技術としての展開が期待されます。
 なお、今回はコロナウィルスの感染予防の観点から会場への参加人数を制限し、Zoomでの配信を行うことにしました。是非こちらもご利用いただければと思います。

  主 催  長野実装フォーラム
       公益財団法人 長野県テクノ財団  


1 日 時  2022年 2月18日(金) 13:15〜16:00

 2 場 所   メルパルク長野 3F「瑞鳳」
       (長野県長野市鶴賀高畑752-8  TEL:026-225-7800)
        https://www.mielparque.jp/nagano/access/

 3 内 容
  13:15      開 会

  13:20  1)エレクトロニクス実装におけるめっき技術
         -基本的なめっき技術と先端技術への応用-
                長野県テクノ財団 若林信一

  14:50      休 憩

  15:00  2)ハルセルパターンのAI学習によるめっき液管理法
                長野高専 電気電子工学科 秋山・淀研究室 坂本 一馬・羽場 和紀

    15:20  3)アジアにおける基板、めっきと、そのコミュニケーションの
                トラブル事例紹介
         Grand Joint Technology Ltd. 大西 哲也

  15:40      コメント&オープンディスカッション

  16:00     閉 会


4 募集人数 30名
今回は新型コロナ感染拡大の状況を鑑み、オンライン開催のみにさせていただく事になりました。ダウンロードしていただく開催案内には、会場・オンラインの両方で開催する「ハイブリッド開催」と記載されていますが、オンライン開催のみになります。


5 参加費   5,000円 (テキスト代を含む) 
     ※ 参加費は,当日支払(現金) または 指定口座にお振込み
    ・Zoomでのオンライン聴講もできます。参加費を事前にお振込み頂ければ招待状を
     お送りします。
    ・事前お振込が難しい場合は、その旨を申込書の「その他ご希望事項等」欄にご記
     入ください。
    ・オンライン聴講の場合は、後日テキストを申込書のご住所宛てに郵送させていた
     だきます。